tsun8o

No one I think is in my tree, I mean it must be high or low
That is you can't you know tune in but it's all right
That is I think it's not too bad

たまった脂肪を燃やす技

今回実験で、誰もが毎日するあの行動が
脂肪燃焼のカギであることを突き止めました!

実験に協力してもらったのは体型がほとんど同じ双子の兄弟。
異なる条件の部屋に分かれてもらいました。
弟にはおなかをすかすために、料理の番組や雑誌が用意された
部屋に入ってもらいます。おなかがすくと血糖値が下がり、
蓄えられていた脂肪が燃焼されるはず、という理屈です。
もう1つの部屋に入ったお兄さんが見たのは・・・
ベッド。つまり、ただ寝てもらうという実験です。

実験から、ぐっすり寝てもらった兄の方が脂肪を
燃焼している結果になりました。
なぜこのような違いが出たのでしょうか?

その違いは肝臓のある能力のおかげでした。
昼間、肝臓は活発な脳のために糖を使ってエネルギーをつくります。ところが、夜寝ると脳はそれほどエネルギーを必要としません。すると肝臓は脂肪をつかって心臓のためのエネルギー(ケトン体)をつくるモードに切り替わるのです。

昼夜で肝臓が異なる役割を果たしていたとは驚きです。
つまり、ちゃんと寝ないで、ムダに夜更かししていると、本来肝臓が燃やすはずの脂肪が燃えないのです。

「実際の英語は速くて聴き取れない」という人が誤解していること。
 それは、英語は「速い」のではなく、「短い」のです。
弱みを見せる練習をすること。困った人を助けてくれる人は、たまに存在する。なので、困ったときには困ったと言えるようにしておくといい。困ったときに困ったといえないことで破綻する場合がある。
学生時代にバイトしてた雑貨屋さんも陳列の美しさにこだわる人だったが、
「陳列がキレイだと万引きが目に見えて減る」が口癖だったよ。
効果は見栄えばかりというわけでもないだろう。

1. 時間と注意が不足しているときをターゲットにする
何も気にしていないことに対して、期限を区切る。タイムセールなどは良い例。

2. 周囲で支持される信仰に基づいて、事実を偽る
他人の言葉を引用したり、一部のメディア報道を過剰に伝え、誰もがその事実を信じているように仕向ける。

3. 簡単な物事を説明するために、複雑な言葉を使う
難しい言葉や専門用語を多用して、「あなたは知らない」という認識を植えつける。

4. 権威的な立場を悪用する
権威的な立場や、有力者などの名を借りて、逆らうことが不利に働くと信じさせる。

5. 不当な要求をする
絶対に拒むであろう要求をしたうえで、それに準じた妥協案を示す。
(例:100万円を今すぐ支払ってください。ダメなら仕方がないので、月々10万円ずつということも考えても良いです)

6. 緩く関連付けられた結論を引き出す
一般的な認識であれば、たどり着くであろう結論を先に示し、思考を誘導する。
(例:一般的に考えれば、停車中の車にぶつかったあなたが悪いですよね。ということは、私の請求した金額を支払うべきなんです)

7. 希少性を用いて、錯覚を誘う
「数量限定」、「売り切れ間近」などに代表されるような希少性を演出し、交渉に応じなければ永遠に機会が失われるように思わせる。
(例:この機会を逃すと、同じ値段で買えることは、ないと思ってください)

8. 理想的な未来をちらつかせる
相手が理想とする未来を垣間見せて、それに近付くことができると信じさせる。
(例:この薬を飲めば、今よりも5キロ痩せるんですよ。5キロ痩せたら、とても素敵だと思いませんか?)

9. 突然話題を変える
議論を迂回させたり、遠回りをして、注意を散漫にさせる。

10. 罪悪感を増徴する
問いかけは、いつも相手が罪悪を感じるような内容のもの。
(例:仕事で失敗したとき、どう感じますか? 上司や同僚に悪いと思いませんか? 迷惑をかけてますよね)

11. 恐怖を与え、その解決策を提示する
身にあまる危険や恐怖心を煽り、その解決を提示することで、自分を頼らざるを得ない状態を作る。
(例:このまま放っておくと、お金を支払うことだけでは済まなくなりますよ(と、恐怖心を煽る)。私からも先方にお願いしておきますので、何かあったら、まずは私に相談してください(として、協力するような素振りで、相手を手懐ける)。)

12. 簡単に始められるきっかけを提供する
出来るだけ簡単なきっかけを与え、それを繰り返すことで、より大きな成果が得られるような期待感を煽る。
(例:最初は失敗しても、1円も損することはありません。3カ月続けて、一定の成果が得られれば、それに応じた報酬も得られるのです。簡単でしょ?)

わたしの好きな人が、いい気分で眠れていますように。
明日、いい気分で目覚めることが出来ますように。
好きな人を悲しませる出来事がひとつでも減りますように。
嬉しい出来事が増えますように。
たくさん笑えますように。
わたしの好きな人が好きな人と生きていけますように。
こわい夢見ませんように。

「月がきれいですね」って送りたかったけど
そのかわりに月に願う (via kanonicamemo)

とっても優しい :)

(via k2hatt)

「赤ちゃんは眠いとなぜ泣くの?」「眠い時の意識が遠退く感覚を、死んじゃうって思うみたい。
頑張って生きようと思って泣くんだって。」
5 :名無しさん :2014/03/28(金)08:56:06 ID:4K0LQtpw4
>「ロシアが経済的な制裁に、無責任な報復をするかもしれない」

これ核兵器によるよる反撃ともう一つある、今年の5月にやるかもしれない
と(あくまで噂だけだけど)言われてる分でちょっとやばい。
露中間の原油を「ルーブル建てか元建て」で取引開始するかもしれないってさ。
フセインが原油をドル建てからユーロ建てにしようとしたらイラク戦争になった。
米ドルは原油取引に唯一アクセスできる通貨なんで価値を維持してるが、
もし世界中でこの特権を排除すると・・・米ドルが急落する恐れがあると言われてるよ?
安倍首相は多分この事を言ってると思うわ。

良い事じゃないか。

昔は「若者はテレビばっかり観てる!」って批判されたもんだ。

37 :学生さんは名前がない:2011/05/09(月) 22:18:12.67 ID:vhdp5nIvO
中高時代、悔いのないように楽しめないと人生崩壊
 
↑これをなぜ伝えようとしなかったんだよ当時の大人達は
挨拶の仕方?
ワイシャツのボタンは第二ボタンまではしっかりしめろだ?
下らねぇこと教えるのにだけは力入れやがって

41 :学生さんは名前がない:2011/05/09(月) 22:36:06.37 ID:qGRNvlcc0
»37 

お前らも小中学校時代は先生や親に褒められる「いい子」じゃなかったか?
おれはそうだった。
授業は真面目に受け、宿題はきちんとやり、掃除もさぼらず、PTAで問題視されるようなテレビは見なかった。
手元にある漫画は毎月定期購読してる小学館の学年誌だけ。
同年代の子供達の間で人気があった少年漫画やアニメはまともに見た事すらない。
近所からも親からも先生からも「いい子」と言われ、大人の喜ぶ子供であり続けた。
そして親から遊んではいけないと言われた友達とは遊ばなかった。
反面、同級生とは会話が合わないこともあり、疎まれていただろうし、思春期の始まりだというのに女の子と接触など皆無だった。
むしろ遊んでる連中をちょっと蔑んで、悦にいっていたかもしれない。
しかし、何の疑問も抱かず、そうすることが幸せになることなのだと一片の疑いもなかった。
高校は地元では比較的頭のいい学校に行った。
しかしクラブ活動もせず(できず)、友達も少ない俺は次第に内向的傾向が一層強くなり、
優等生という地位も自然に失っていった。
なんとか一浪の末、東京の二流大学に進学できたものの、ろくに友達も出来ないまま無為な学生生活を過ごした。
結果、コミュニケーション力も行動力もない俺は就職に失敗。
地元に帰って、職を転々として未だフリーター生活。
地元周辺を歩いていると、小中時代の同級生に出くわすことがある。
もちろん挨拶などしない。向こうはこちらをロクに覚えてもいないだろう。
当時は不良のレッテルを貼られていたような奴らが、奥さんや子供を連れて幸せそうに買い物をしている。
立派な家庭人として、社会人として暮らしている。
それに比べて俺は何なんだろう。
定職ももたず、結婚はおろか恋愛経験すらない。
かつて禁止されていたゲームやアニメが今の生きる支え。
かつて読んではダメと言われていた劣悪図書が部屋に溢れている。
俺は幸せになれるはずの優等生ではなかったのか?
親は先生はそうなるために俺を褒めてくれていたのではなかったのか?
誰が悪いのか?親か?学校か?社会か?それとも俺か?
両親はそんな俺に何も言わない。俺も何も言わない。
ただなんとも言えない閉塞感と劣等感と後悔だけが俺を支配している。

42 :学生さんは名前がない [sage]:2011/05/09(月) 23:13:53.12 ID:HiOAAkVs0
»41 
やめろ

43 :べんじー ◆Sq2ccPJJH. :2011/05/09(月) 23:26:47.88 ID:uleogm+40
»41 
このコピペは日本の教師全員が音読すべきレベル

45 :学生さんは名前がない:2011/05/09(月) 23:36:18.43 ID:wTD+gQdu0
»41 
久々に泣いた

47 :学生さんは名前がない:2011/05/09(月) 23:56:39.89 ID:rIqo4oNpO
»41 
こんな破壊力のあるコピペがあったとは…

中高時代非リアだった為に青春コンプになり、街などで楽しそうにはしゃいでいる中高生を見ると動悸が激しくなり胸が苦しくなる大学生 (via nagas)

親や教師に叱られるようなことを、それでもこっそりやってみるような意欲と冒険心が人生には必要だ、なんて親や教師は教えてくれるはずはない。本能みたいなもんだな。

(via myk0119)

それ全部他人のせいにするの?

(via h-yamaguchi)

少なくともこのコピペの主体は文章の範囲において”他人のせい”にしてないだろ

(via yaruo)

2011-07-05

(via quote-over100notes-jp)

(via k2hatt)

ハリウッド映画を観てほしい。

何故彼らは、頻繁にホームパーティーをするのだろうか。

あれは、日本仕事帰りに上司と部下が飲むようなものだ。

欧米人は、それを週末におこなう

会社を離れたら友人だよ、というスタンスで、フレンドリーに接するのが欧米流。


だが、そんな訳があるはずがない。

上司であっても、友だちとしてつきあわなければならないのは、義務だからだ。

こちらの方が、逆にきつくないか


プライベート仕事を持ち込みたくない、という人間は、少しずつ疎外され、出世から外れていく。

「俺と君とは、会社を離れても、人間として友人なんだ!」

とアピールしあい価値観が違う者同士なのに、相手の趣味に合わせて笑い、会話をし、お互いの家族について相談を「しなきゃならない」。


日本武道を習いに来た欧米人に、日本の道場のどういう点がいいか、聞いたことがある。

日本の道場は、上下関係がきっちりと決まっているからとても楽で居心地がいい。欧米では演技が必要で、フレンドリーに接しながら腹を探り合わねばならず、ストレスたまる

……これは、数人の欧米人から聞いた感想だ。

http://anond.hatelabo.jp/20120705222712 (via petapeta)

感覚として分かる。

(via yoosee)

(via k2hatt)

つまり、身体を操作して、動かすということは、
それにつれて、脳も満開になるわけですから、とうぜん、
スポーツや武術をやらなかったら、たいして目立たなかったはずの
「その人の人格的欠陥」までもが、運動をしない人よりも、
より出やすいということです。


もっと簡単に言えば、煮物の鍋があったとして、
その鍋の食材が、腐っていた場合に、
室温なら問題なくても、火をかけたら、一気に悪臭が部屋中に
広がるのと同じことです。

武術とかスポーツに限らず、総称して「運動」というものには、
もともと、そういう効果があるのです。

だからといって、「運動すること」を否定しているのではありません。
運動しない人は、精神的な歪みが、「潜伏しているにすぎない」
ということです。食材が腐っていることには変わりありません。
「間違った考えを正してやろう」「自分の知見を世に知らしめよう」という態度で人をバカにしたせいで間違っていた時に引っ込みがつかなくなるみたいな状態をよく見かけるので、やはり人をバカにするときに誠実であらねばならない。


アメリカのオペラ歌手、ガブリエル・ワイナー(Gabriel Wyner)氏は、たった数年の間に4カ国語を話せるようになったそうです。同氏はそのプロセスにおいて、「限られた空き時間で外国語を学べる最高のメソッド」を思い付いたのだとか。4つのステップからなるこのメソッドは、あなたにもきっと役立つはず。これさえあれば、もう言語習得に何万円も投資する必要はないかもしれません。

私が4カ国語(イタリア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語)を習得するプロセスで編み出したメソッドを紹介します。例えばフランス語の場合、私はこのメソッドを使って、5ヶ月間でCEFRのC1レベルを達成しました。現在は、同じメソッドでロシア語に挑戦しているところ。フランス語と同様、5ヶ月間でC1に到達する計画を立てています。

このメソッドは、4つのステージに分けられます。各ステージにかかる期間は言語ごとに異なりますし、1日にかけられる時間によっても変わってきます。米国外務職員局では、英語を母国語にする人から見た各言語の難易度を発表しています。これによると、ロシア語はフランス語の2倍、中国語はロシア語のさらに2倍の時間がかかるとされており、相対的な難易度は的を得ているような気がします。とはいえここでは、フランス語の習得を仮定して話を進めましょう。1日に30分~60分程度の時間が取れることを前提に、各ステージにかかる予想時間を併記しておきましたので参考にしてください。


ステージ1:正しい発音を身に付ける

期間:1~2週間(未知の文字を持つ言語の場合、慣れるまでにもっと長い期間が必要です)


発音から始めるのには、いくつかの理由があります。耳で聞くことから始めることで、従来型の学習法を始める前から、リスニング能力が飛躍的にアップします。その状態でボキャブラリーを学ぶと、発音やスペリングになじみやすく、記憶に残りやすくなるのです。例えば、フランス語の正しい綴りは、発音と関連づけて覚えた方が圧倒的に覚えやすくなります。これをしっかりやっておけば、後にネイティブスピーカーと話すときに、相手が英語に切り替えたり、わざわざ簡単な言い回しをする必要がないため、刺激的な会話が可能になるのです。

ABC以外の文字を使う言語を習得するには、音標文字を覚える必要があります(日本語なら仮名、中国語ならピンインなど)。

では、発音を覚えるにはどうしたらいいのでしょうか?

やり方はいくつかありますし、オンラインから印刷物まで、リソースもたくさん出ています(CDまたはmp3付きの発音ガイドがおすすめ)。個人的には、多少の時間をかけてでも、英語の国際音声記号(IPA:International Phonetic Alphabet)を覚えておいた方がいいと思います。私の作ったこちらのビデオも参考にどうぞ(英語)。これをやっておけば、これから学ぼうとしている言語と英語の音の違いがわかるようになります。IPAの学習プロセスではすべての母音と子音を覚えるので、フランス語の単語がどうしてフランス語らしく聞こえるのか、中国語の単語がどうして中国語らしくきこえるのかが理解できると思います。


ステージ2:ボキャブラリーと文法を習得する(母国語の使用は禁止)

期間:約3カ月間。このステージでは、ボキャブラリーと文法のフラッシュカードを作成する工程と、それを見直す工程に分けられます。


このステージでは、次の3つのコツが重要です。

第1のコツは、「Anki」という暗記プログラム。スマートフォンのほか、あらゆるコンピュータプラットフォーム上で動きます。間隔を空けて反復練習させてくれるプログラムになっていて、これまでの正解率に応じてフラッシュカードを表示してくれます。これにより、膨大な量の情報を、素早くあなたの長期記憶に蓄積できます。スマホで1日30分やれば、1日に20~30の新しい単語を覚えることができるでしょう。

第2のコツとして、ミドルベリー大学の有名な言語誓約書(語学クラスではその言語以外を使わないことを誓約させられる)を、自分なりにアレンジして使っています。つまり、英語禁止!(つまり、日本人なら日本語禁止!)それまでに覚えた貧弱なボキャブラリーと絵だけを使って、新しい単語を覚えていきます。母国語を使わないことで、その言語で直接考える練習になり、考えるときにいちいち頭の中で翻訳する必要がなくなるのです。その結果、より早くボキャブラリーを確立でき、長期にわたってそれを維持できます。これで、上達スピードがぐっと高まるでしょう。

第3のコツは、ボキャブラリー習得時に、頻出単語リストを参考にすること。よく使われる単語から覚えることができるので、時間的な効率も高まります。1000語も覚えれば、一般的な文章に使われる単語のうち7割は知っていることになります。2000語で8割。これだけでは完璧ではありませんが、非常に素晴らしい基礎になるでしょう!

1つの単語も知らない状態から始めるには、次のようなステップが必要になります。


  • 時間節約のために、一般的な英単語のうち、絵で描くのが極めて易しい400語の基本リストから着手します。「男」「女」「犬」「猫」「走る」「料理する」などの類です。これらの適訳を見つけ、Ankiのカードとして追加していきます。もちろん母国語は使用禁止なので、使うのはその単語と絵のみ。
  • これが済んだら、頻出単語リストを見ながら、絵だけで説明できるような単語(基本的な名詞や動詞)をピックアップして、Ankiに追加します。ある程度の単語がそろったら、それらを組み合わせて遊んでみましょう。Google翻訳(ここだけは母国語禁止ルールにおける例外です。でも、Ankiカードには母国語を使いません)と文法書を参考にしながら、文を作ります。文ができたら、言語添削サイト「lang-8.com」で確認したのち、Ankiに追加しましょう。文の一部を空欄にしたカードを作れば、文法や単語接続の練習になります。文法書の内容をそのままAnkiに入力してしまってもかまいません。
  • ボキャブラリーと文法の習得が進んだら、ついに単一言語辞書(例えば仏仏辞書)の作成に移ります。より抽象的な単語の意味を、自分で考えて書き込んでいくのです(ここでも、lang-8.comで確認します)。この作業はどんどん広がっていきます。知っているボキャブラリーや文法が増えるにつれて、より多くのボキャブラリーや文法の考え方を表現できるようになるのです。基礎として頻出単語リストの2000語をすべて覚えたら、興味のある分野の単語を付け足してもいいでしょう。
  • 目指すレベルにもよりますが、多くの人にとっての最終目標は、単語2000から6000語と、文法カード1000枚程度になるでしょう(あくまでもAnkiでのカードの話で、今後さらに文章を読むことで、より多くの単語を覚えていくことになります)。かなり大ざっぱな見積もりですが、カード5000枚分を習得するのにかかる期間は、1日30分の学習で6カ月弱といったところでしょうか。1日60分やれば、これは半分になります。


ステージ3:聴く・書く・読む

期間:ステージ2、4と若干オーバーラップします。ステージ2に入って1~2カ月もすると、違和感なく読み書きができるようになってきます。それがステージ3を始めるときです。私の場合、集中訓練であるステージ3と4には、すべての自由時間を読書、テレビ、作文にささげるというかなりの無茶をして、合わせて約7週間かかりました。


十分なボキャブラリーを習得し、文法にも慣れてきたら、作文、テレビ番組鑑賞、読書を始めます。目にしたものや自分のしていることを、(独り言でもいいので)口にしてみるのもいいでしょう。作文の添削結果は、Ankiに追加します。Ankiによるボキャブラリーと文法の強化は、このステージでも続けましょう。

読む本や見る番組は、自分の興味があるものにしましょう。ここでは何よりも、量が大事。私の場合、大好きな「ハリーポッター」シリーズの翻訳と「24」の吹き替え版を夢中になって読み/見ました。理解に苦しんだのは最初の数時間ぐらいで、あとは文字通り1日中テレビの前に座っていられるし、それがとても生産的なのです! 作文もテーマは自由。日記、意見、今日やったこと、買い物リストなど、本当に何でも構いません。「lang-8.com」に送信できるものに書き出したら、添削をしてもらい、その結果をAnkiに追加しましょう。


ステージ4:話す

ある程度なら話せて(たどたどしくても、文法やボキャブラリーの穴があまり多くない程度)、身の回りのことを書けるようになってきたら、その言語にどっぷりと浸かれる場所を探します。文字通り、ずっとその言葉を話す場所です。もちろん母国語は禁止です。さもなければ、自ら学ぼうとするスキルを習得することができません(このスキルはあなたの文法やボキャブラリーの穴を迅速かつ自動的に回避してくれるので、あなたはそれに気づくこともないでしょう)。7週間もの間、世間とのつながりを断ってその言葉だけを話すなんて無理という人は、2週間でもいいので、その言語が話されている地に赴いて、可能な限り話せる環境を作ってもいいでしょう。それも難しければ、インターネットを使って、Skypeのビデオチャットなどで会話を練習し、外国語のテレビや映画を流したり、本を読んだりすることで、その言語にどっぷりと浸かれる環境を模擬することも可能です。

集中力を高めるほどステージ1~3で学んだすべてがつながり、脳の適応が早まります。これが、会話の上達につながっていくのです。

いろんな人と話していると「ビッグデータをやるためには統計学がわかっている人が必要」という話を聞きますが、実際には統計学がわかっていればビッグデータは要らないはずです。統計学ではサンプリングで、有意なデータを得られるのですから。

私の認識では、限られたデータの中から危険率が5%以下のデータを棄却するか否かという判断を行うのが統計学であって、5%以下のノイズの中から違うパターンを拾うということがビッグデータの意義のはずです。

だから、ビッグデータ系のアナリストをやっている人間は、統計ではなく多くが応用物理出身の人が多いです。彼らはノイズの中から周期性や、特異点を発見するのが上手いので、統計学的な、いかに不要なデータを棄却するかとは逆のベクトルです。ビッグデータの面白さってそういったところにあると思います。